四国で活動する、ひよっこベリーダンサーchappeのベリーダンス日記♪
http://chappebelly.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
シミーのコツ(長時間のシミー&密かな休憩編)
2016-06-11 Sat 21:26
シミーのコツをもう1つご紹介。

実は前々から密かに実践してたことなんですが、やはり効果がある気がするのでご紹介します。

私、自分の好きなノリのいい曲がかかっていて、さらに誰もいなくて緊張しない一人の空間だと、たぶん数分、もしかしたら10分以上あまり無理なくシミーができるような気がします。

誰かに見られてると、緊張して余計な力が入って途中から動きが硬くなってしまいやすいんですが、家で一人で洗い物しながらとか、洗濯干しながらとかでノリノリの曲がかかっていると、けっこう長い間シミーできてたりします。

実はそれにはコツがあるんです。

それは、私、実はシミー中…休憩を挟んでいるんです!!

いや、シミーはとめてないですよ?
シミーしながら、途中何回も一休みしてるんです。

というのが、シミーをその場で同じ姿勢で動かしてたら、筋肉疲れますよね?
筋肉疲れてこわばって動きにくくなるんですが、そうなる前に、少しずつ重心や姿勢をかえて、筋肉を各所少しずつ休ませてるんです。

具体的にいうと、
まずは真っ直ぐ立ったシミー→続けて、右にヒップスライドしたシミー(この時左側のシミーをするための筋肉を休めてます)→今度は左にヒップスライドしたシミー(右側休めてます)→ゆっくり右腰前にツイストしたシミー(左側少し休憩)→左腰前シミー(右腰少し休憩)→スリークォーターシミー→ハッガーラシミー→腰を少し落としたヒップシミー→最初の普通のシミー

というふうに、少しずつシミーを変化させていくことで、一ヶ所だけの筋肉に疲労がたまらずに、交代交代で色んな筋肉をローテーションしながらシミーするので、体力が続く限りけっこう長くシミーし続けることができるんです。


これのヒントが、昔マグノリア先生にシミーを習った時に、膝シミーで疲れたらヒップシミーにして~ヒップシミーに疲れたらまた膝シミーにして~ってしたら続けやすいよ~ってことを教えてもらったことがあって、ヒップシミーだとエジプシャンシミーじゃなくなってしまうので、それなら膝シミーで色んなバリエーションでやったらいいんじゃないかと。

と、半分無意識のうちに実験的にやってたことが、今気づいたら自然と身に付いてました。

なので全く同じ姿勢でのシミーはやっぱり長時間は厳しいけど、同じ姿勢でも、力を強弱をつけてしたり、重心をかえてみたり、早い遅いの速度をかえてやると、もう少しは長く続けられるかも。

長時間シミーの密かな裏技でした⭐
スポンサーサイト
別窓 | ベリーダンステクニック(コツ&閃きなど) | コメント:0 | トラックバック:0
<<シミーのコツを集約して夫の体で実験してみた | chappeのベリーダンス日記 | 新たなシミーのコツ(エネルギーを注ぐ方向編)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| chappeのベリーダンス日記 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。