四国で活動する、ひよっこベリーダンサーchappeのベリーダンス日記♪
http://chappebelly.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
骨盤を立てる
2015-08-02 Sun 21:16
最近ちょっぴり腰を痛めました。
激痛ではないけど、寝起きや、腰を反らした姿勢が毎日地味に痛くて、昨日は坐骨神経痛ぽい感じでお尻から足にかけて痛みとダルさが。。

そこで久々に整骨院にいったのですが、そこで判明した原因が、腰をそらせ過ぎということ。

妊娠中や産後は、大きいお腹を支えるためや、子供を抱っこする姿勢が続いて、腰を反らして痛めてしまうことが多いそうです。

ベリーでも基本姿勢は腰を痛めないためにも、骨盤を立てた状態で色んな動きをつけていくんですが、最近は踊る時に以前より基本姿勢をちゃんと意識できてなかったかも。

ヒップサークルをする時、前後左右に腰を押し出して繋げて、床と水平に円を描くんですが、この時してはいけないのが腰を上下させたり、ツイストみたいに捻ったり、お腹の力を抜いて腰を反らしたりすること。

これが最近ちょっと意識が疎かになってきてたかもしれない。

特に腰を前に出すときに腰を痛めやすいから、お臍あたりを出すんじゃなくて、恥骨を前に押し出すイメージで骨盤を立てたままださなきゃいけないんだった。

あと、腰を後ろに回す時も、腹筋を引き締めたまま骨盤を立てる。
そういえば、ベリーダンススーパースターズのジリーナが、ビッグヒップサークルの教則DVDでヒップサークルの腰を後ろに押しだす時に、「膝を伸ばしているように見えるけれど、膝は少し曲げた(緩めた)状態です」みたいなこと言ってて、ダンサーによっては膝を伸ばして〜って言ってる人もいたりするのになんでかなーと思ってたんだけど、骨盤を立てやすくする為に膝を緩めるって意味だったのかもしれない。

腰を後ろに押す時、膝を伸ばしても骨盤立てれないことはないけど、伸ばした状態だと腰が反りやすくて、膝を緩めた方が骨盤を立てやすくて、背中から腰にかけてストレッチをちゃんと感じれる。
それによって、腰に負担もかからないし、動きも綺麗に見えるってこと!…な気がする!

何年も踊ってると、ついつい振付に意識がいって、大事な基礎の細かいところが疎かになったりするんだよね。
複雑な振付も楽しいし見応えがあるけど、シンプルな動きを美しく魅せるのがやっぱ一番基礎であり大切なとこ。そして腰を痛めないためにも、

子二人に挟まれて寝るので、寝返りが打てないことも腰痛の一因だけど…(^_^;)

踊る時も、普段の生活も、なるべく骨盤を反らさず立てるのを意識して生活しよう(^_^)
スポンサーサイト
別窓 | ベリーダンステクニック(コツ&閃きなど) | コメント:0 | トラックバック:0
<<重信フジでベリーダンスショー♪ | chappeのベリーダンス日記 | チャリティーハフラ♪>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| chappeのベリーダンス日記 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。