四国で活動する、ひよっこベリーダンサーchappeのベリーダンス日記♪
http://chappebelly.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
シミーの重心
2012-04-26 Thu 16:20
ベリーダンスの動きに[シミー]というものがあります。簡単に言えば、震わせる動きです。

場所は肩や胸や腰やお腹などいろいろありますが、よく使うのは腰回りのシミーです。

ベリーダンスの醍醐味(わたしなりに)であり、とても単純で、とても難しく(簡単にできる人もいますが)、バリエーションも多彩で奥の深い動きです。

シミーをするには、簡単にゆうと、左右の膝を交互に前後に動かします。とても簡単な動きです。

それを早く動かします。難しくなってきます。シミー1つとっても、ベリーダンスは個性を出せる幅広い踊りなので、教える人によって動かしかたはすこしずつかわってきます。

私が最初にならった先生は体重をかかとにかけてやる方法でしたが、先生によっては逆に爪先に体重をかけるやり方の場合もあります。自分がどれがやりやすいか、どう動きを見せたいかによって変わってくるので、どのやり方が正解というのはないと思います。

シミーは初め苦手で、かなり苦戦しましたが、体重を前にしてみたり後ろにしてみたり、とにかく色々試して今では好きな動きになってきましたが、まだまだ完成体ではありません。

しかも、シミーといっても、膝だけ意識して動かすエジプシャンシミーに始まり、腰も動くように動かすヒップシミーや、膝を動かさないマッスルシミー、他にも数えきれない種類があります。新たにオリジナルを作ることもokです。

そんな奥の深いシミーですが、最近ベリ友ちゃんから新たな情報を入手しました。

今まで基本姿勢は骨盤を立てて膝をかるく曲げた状態でシミーをしてましたが、新しい情報によると、少し腰を前に出して、重心は土踏まずに置くというもの。

土踏まず意識は初耳で、実際やってみたのですが、、、いい。

なにがいいかというと、シミーと腹部のアンジュレーションを同時にする動きがとてもスムーズにできます。

重心を爪先や踵でもできないことはなかったのですが、教えてもらったやりかたが一番スムーズに動きます。

自分の中でシミーが少しレベルアップしました!
なおちゃん、いい情報をくれてありがとう☆
スポンサーサイト
別窓 | ベリーダンステクニック(コツ&閃きなど) | コメント:0 | トラックバック:0
<<旅猿でmisonoがベリーダンス披露 | chappeのベリーダンス日記 | スマホ&ワイヤレスイヤホンバンザイ\(^-^)/>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| chappeのベリーダンス日記 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。