四国で活動する、ひよっこベリーダンサーchappeのベリーダンス日記♪
http://chappebelly.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ターンとシミーと足の裏
2017-03-29 Wed 01:00
前々からなんとなく感じていたことなんですが…。

ベリーダンサーには、ターンが得意な人と、シミーが得意な人がいて、それは足の裏の環境からくるものなんではないか。と。

どういうことかというと、、、

私の足の裏は、ズバリ超湿り気タイプです。
顔や頭には汗をほとんどかかないくせに、手のひらと足の裏は常に汗っかき。
足にいたっては、氷のように足が冷えてる時でさえ、なぜか足汗がとまらないことがあります。

そして、ベリーダンスを初めてから、ずーっっとターンがすごく苦手で、全然うまく回れなくて、ある時スキンシューズを履いてターンした時、めちゃくちゃスムーズに回れてびっくりしたんです。
もちろん体感や引き上げがまだまだできてないのでターン自体は下手くそなんですが、それでも、それまでとは全く床と足の抵抗の度合いが違ってて、スムーズに足裏がクルッと動いたんです。
そう、ズバリ、足裏が湿り気タイプの人はターンが苦手なはずです。(一概には言えないですが。)
だってね、滑らないんですもん。汗で床と足裏の抵抗が強くてキュッキュって感じで、全然滑らないんです。
なので、スキンシューズを履いたり、ストッキングやシューズを履くことで、けっこう改善されます。これに気づいてからは、レッスン中は必ずスキンシューズを履くようになりました。
そして、もともと足の裏がサラサラタイプの人は逆にターンがやりやすいはずなのです。



次に、シミーの時。
ベリーダンスの中でシミーが唯一得意分野に入るのですが、湿り気タイプの人はシミーがやりやすいはずです。

最近でシミーの多い振付をあちこちでいろんな時にちょこちょこ練習してたのですが、ストッキングを履いてる時や、よれやすいラグの上では、全くシミーができないんです。足裏が滑りすぎて、全然シミーに力が入らない。
(湿り気タイプの)裸足で、フローリングの上でやる時が一番しっかりシミーができるんです。
だから、さらさらタイプの足裏の人は、シミーできないわけじゃないけど、湿り気タイプの人に比べると、力を込めにくいんではないかと思います。

ターンやシミーの得意不得意は、足裏の環境だけが原因ではないとは思いますが、意外と大きい要因なんじゃないかな~と思うのでした。

湿り気タイプの人におすすめなアイテムは、足指と踵はあいている、母指球の辺りだけカバーできるタイプのスキンシューズです。これなら、ターンがやりやすく、シミーもしっかり踏ん張れます。
ターンに特化すると、足指もしっかりカバーされたものが一番スムーズに回れるかと思います。
スポンサーサイト
別窓 | ベリーダンスの日常 | コメント:0 | トラックバック:0
| chappeのベリーダンス日記 | NEXT>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。